2018年 11月 11日
知念 登冶展
知念 登冶展

知念 登冶展

会期 2018年10月20日()~11月11日(日)

             AM10:00~PM5:00(最終日3時迄)

場所 夢の庭画廊  

           上田市前山264-3 ℡0268-38-3236

 

〈制作・作品コンセプト〉

 

制作のすべてを意識してうまく語ることはむつかしい。それでも、自分が意図し、集中して制作している時間の中で、仕事の深化を感じ取ることは出来る。自分との深い対話が必要で、ことに生活のリズムが大切だ。

さて、自分が生きて生活してきたこれまでの時の意味は何なのか。心に残る記憶を反芻しながら制作することが多くなっている。心に残るスナップを切り取り構成するのだ。

憧れるのは、心はいつも貧しさの中にあって、いい絵が描けなくてもいい、日常の些細なことから絵が出来たらいいと思う。

花や自然・人・生活の中にある何気ない形を、単純化し形と色の美しさを見つけ描いていきたい。

抽象も具象もない、自分の気持ちが乗ったときその形をとるのだ。

略歴

1941年  沖縄伊江村に生まれる

       中学で糸山耕一氏の指導で多大の影響を受ける

1957年  名護高等学校入学。岸本一夫氏に教わる

1960年  東京藝術大学油絵科入学

1964年  同大学院入学  版画教室で小磯良平・駒井哲郎・小野忠重等

       のもとで版画を教わる

       養生堂画廊(東京・銀座)「集団グラーヴェ展」銅版画出品

1965年~1968年 国画展に出品 以後 無所属

1966年  東京藝術大学大学院卒業

1974年  沖縄タイムスホール個展

1979年  竹川画廊個展(東京・銀座)

1980年  伊江小学校100周年記念母子像制作

1981年~1991年 櫟画廊(東京・銀座)個展(3回~13回)

1993年  ゆいまわる+けんしん若里ギャラリーで版画展

1994年  櫟画廊(東京・銀座)」個展

1997年~2000年 杏の里版画館(長野)・八角亭ギャラリー(中野)

            ギャラリー蔵(小布施)

2002年  知念登冶と仲間たち展(東京・ギャラリー八重洲)

2009年  糸山耕一とその仲間たち展(伊江村制100周年記念事業)

2010年  伊江島戦争体験記挿絵制作

2011年  伊江島の民話(生塩睦子編著)挿絵制作

2011年  夢の庭画廊(上田)版画展

       他グループ展・公募展等多数

2014年  JA沖縄伊江支店ホール壁画制作

2017年  4人展(沖縄タイムスホール)

2018年  夢の庭画廊(上田)油彩



[PR]

by yumenoniwa | 2018-11-11 14:23 | 夢の庭画廊


     秋の散歩 >>