2018年 04月 02日
清水 正教展
清水 正教展

■会期  2018年4月14日(土)~5月6日(日)

AM10:00~PM5:00(最終日15:00迄)

■場所  夢の庭画廊(長野県上田市前山264-3)
          ℡ 0268-38-3236
     水・木 休廊(ゴールデンウイーク開廊)
      e-mail:yumenoniwa@po3.ueda.ne.jp
URL:http//yumenoniwa.exblog.jp
上田駅より別所線塩田町下車徒歩30分
タクシー5分(参考・塩田観光タクシー・0268-38-3151)
塩田駅より循環バス・前山寺下車徒歩1分
  

■作品コンセプト

 絵画制作の主たるテーマは、人間という生きものへの問いかけであり、自分自身の存在への問いかけである。結局は人間否定に行き着くのであるが、ここまで人間という不可解な生きものを見つめ続け、五十年余り同じテーマを追いかけてきた。
 モチーフは人骨と曼荼羅である。
 曼荼羅図は、宗教世界の図式化であり、密教の象徴的な諸尊の集合図で、宇宙的心理図といえる。9世紀以後、梵字の形に引き付けられ、構成材料として使っている。
 人骨をモチーフにしたのは、大学の美術解剖学の講義で全身骨格を提示された時からである。骨は乾いて整理された根源の形であり、死を連想させるものでなく、むしろ、形態の洗練された美しさだけが、印象に残った。人体を支える、機能のための圧縮された究極の形であり、その美しさに魅せられてしまった。
 以来、絵画制作の主たるモチーフとして、画面に登場している。

■画歴

1940  長野県生まれ  上田市在住
      東京藝術大学卒業
      東京藝術大学大学院美術研究科修了
1983~2010 新芸術展(新人賞・金賞・都知事賞・文部大臣奨励賞)
1984  上野の森美術館・絵画大賞展(上野の森美術館)
1985  第7回中日展(名古屋市博物館)
1990  カナダ美術賞展(ケベック市)ドトンヌ賞買上
1990  P、アンビーユと俊英作家展(銀座アートホール)大賞
1993・94  ベルギー国際大賞展(L’A.IA,C,)金メダル
1995  第7回国際美術大賞展(東京都芸術劇場)評論家賞
2009~17  Ante展(Salon de G)
2010  あさご芸術の森大賞展(あさご芸術の森美術館)優秀賞
2010・11  美浜美術展(大阪府立現代美術センター)
2015  第10回個展(ギャラリー満喜田・高山市)
 
 日本美術家連盟会員 現在無所属
 URL, http://shimizukaiga.jimdo.com

f0172607_15345494.jpg

[PR]

by yumenoniwa | 2018-04-02 15:35 | 夢の庭画廊


<< 井口 通太郎展      晩秋 >>