2018年 05月 26日
小山佐敏展
小山 佐敏展

■期日  2018年5月31日(木)~6月24日(日)
     AM10:00~PM5:00(最終日3:00迄)
        
■場所  夢の庭画廊(上田市)
        水・木休廊 

  上田市前山264-3(前山寺下)
  ℡0268-38-3236
  e-mail:yumenoniwa@po3.ueda.ne.jp
  URL:http//yumenoniwa.exblog.jp
  上田駅より別所線塩田町駅下車徒歩30分
  タクシー5分(参考・塩田観光タクシー0268-38-3151)
  塩田町駅より循環バス・前山寺下車徒歩1分


■村上 龍
―都市を暴く 小山佐敏の仕事―
 小山佐敏は《都市》を描く画家である。
 都市の一部ではなく、つまり《建築》ではなく、《上空からの俯瞰図》を、全体を描くという野心を彼は持っている。そこに展開されるものは、コンクリートやプラスチックや金属で出来た無機質の都市ではなく、震動したり、凍りついたり、増殖したり、うねったり、点滅したりする、《生命体としての都市》なのだ。それは微生物の細胞の顕微鏡写真に似ているし、われわれの脳の内部のようでもある。
 私は、言葉によって、超高層の塔を持つ都市を描きたいと思う。同じように、ダ・ヴィンチもゴッホもユトリロも見れなかったものを、小山佐敏は描こうとしている。
 それは、確実に、私たちの時代の仕事である。
 都市は、暴かれなくてはならない 
           「生命都市シリーズ 2002年6月」

■瀬木 慎一
―自己増殖する都市『都市』の魔力―
 「都市」をテーマとして年来、執拗に追求しているこの画家の最近の作品は、なるほどこれにすべてを賭けているだけあって、鮮やかな展開を示していて、目を見張るものがあった。
 天上の眩しく照りかがやく太陽に向かって、無数の高層建築が伸び上がりうごめく様は、壮観である。
 何と形容すべきか、いろいろの言葉がでてくるにしても、どれもまどろっこしい。これはまさしく画家が造形の言葉でとらえたヴィジョンであり、迫力に満ちている。
 その迫力は、はたして何を伝えようとしているのか。人間の不逞な想像力を単純に賛美しているわけではなく、それならば、とどまるところを知らず、いつかは太陽の熱に焼き尽くされる高慢さを風刺しているのか。
 いずれにせよ熱帯動物の如く、自己増殖する都市の魔力は戦慄的である。
     「ポスト・コレクション・週刊ポスト 1993年7月2日」

■画歴

1953  熊本県天草に生まれる
1977  一陽展(~1983)
1979  第23回シェル美術賞展(三席受賞)
      第14回神奈川県展美術奨励賞
1980  第13回日本国際美術賞展国立国際美術館賞
1981  安田火災美術財団奨励賞展
      ジャパンアートフェスティバル入選(東京・ロンドン・大阪巡回)
1983  第16回現代日本美術展(~第20回まで)
1985  第28回安井賞展
      第1回・2回ABC&PI展(第1回優秀賞)
1986  第7回現代日本絵画展入選
1992  第1回NiCAF(不忍画廊ブース・横浜)
1994  第37回安井賞展
1995  第12回伊豆美術館絵画展(美術館賞受賞)
2000  第5回小磯良平大賞展(大賞受賞)
2003  九州力展(熊本現代美術館)
2007  小山佐敏×草間弥生(不忍画廊)
2011  小山佐敏展「都市の叫び」土火現代美術(南青山)
2014  小山佐敏展「偉大な力」DOKA
      伊藤隆道・小山佐敏二人展(天満屋・岡山)DOKA
2016  画業40周年記念 小山佐敏展「都市を暴く」(老粒舎ギャラリー)
2017  アートエクスポ ニューヨーク (ニューヨーク)DOKA

パブリックコレクション
 国立国際美術館・北里研究所メディカルセンター・金沢工業大学・恵比寿総合病院
 小磯良平美術館(神戸)・熊本市現代美術館・天草市・城の上小学校(越谷市)
 河浦中学校(天草市)

f0172607_98952.png

[PR]

# by yumenoniwa | 2018-05-26 09:08 | 夢の庭画廊
2018年 05月 12日
井口 通太郎展
井口通太郎展

■期日  2018年5月8日(火)~5月29日(火)
        AM10:00~PM5:00(最終日3:00迄)
        
■場所  夢の庭画廊(上田市)
        水・木休廊 

       上田市前山264-3(前山寺下)
       ℡0268-38-3236
       e-mail:yumenoniwa@po3.ueda.ne.jp
URL:http//yumenoniwa.exblog.jp
 上田駅より別所線塩田町駅下車徒歩30分
     タクシー5分(参考・塩田観光タクシー0268-38-3151)
     塩田町駅より循環バス・前山寺下車徒歩1分

■分からないという安心

 マザーコンプレックスについて考えている。なぜ、今、このようになったかというと、2014年10月に銀座・檪画廊での個展を前に美術評論家の中野中先生と作品を前にして、長い水彩連盟時代を振り返りながらを軸に公募団体について、画家、作品、評論家の仕事についてなど忌憚ない話をさせて頂いた事があった。その中で私が『最近、母親を描いているように思う』と、言った。これがマザーコンプレックスというテーマと急速に接近し、考える要因になったと思っている。
 大方の男性は意識するしないにかかわらず、少なからずこのカタカナ言葉に関心を持っていると思う。どう持っているかは個々夫々であろうけれど、私の場合はセンチメンタルな部分がたの男性よりも強いかもしれないと思う。中学時代に家族のために母親が素人なのに屋台で焼き鳥、酒を売る夜の仕事をしていた。毎日、五寸練炭に火をつけて寒風吹く街道を、リヤカーを押して、引いて手伝っていたことが直接目の前であかぎれの手指を見てきたからかもしれないけれどセンチメンタリズムとマザーコンプレックスとの関係について知識は無いけれど精神のどこかで複雑に絡み合っているように思う。
 太い腕、巨大な尻、豊満な乳房、両手を廻し見ると柔らかな腹、温かな太もも、不可思議な臭い、成人女性のエロスを抱える母親、エロスと対峙する母親、女の成り立ちの不思議、不可解な発想、性格径露の難解、マザーコンプレックスその言葉そのものに対する不安、さらに現在描き進めている作品に対する不思議な満足感や、わからない事に対するわからないというという安心感、おふくろとマザーコンプレックスとい言葉尻の危うさ、そしてさらにわからないことは最近の若い女性が自分の母親に対して、私が持っているマザーコンプレックスと同じようなものを感じて病的に悩む人が増えていると言う現実を知ると又、新しいわからないが増えてさらに難解になる。
 自立心の弱い男性に対して小馬鹿にしたようなマザコンと言う言葉が生まれた頃にはセクハラとか○○アレルギーだとかいろいろな新しいカタカナ言葉が次々と生まれていた、衛生、健康に対する意識が急激に拡大していったように思うけれど、これは本当によいことかどうか、自分の作品のことと同じように、やっぱりわからない、な

■画歴

1941  静岡県浜松市生まれ

1964  水彩連盟展初出品  スター賞受賞
1968  水彩集団展(銀座・文芸春秋画廊)
1972  新象作家協会展初出品  奨励賞
1973  トヨタカーメカニズムと7人のアーチスト展
      (九段・トヨタ自販特設展示場・企画構成・井口通太郎・山口治
       浅井昭・下田悌三郎・内田信・三浦哲生)
1974  水彩連盟展  渡部菊冶賞
      新象作家協会 会員推挙
1975  井口通太郎展(浜松市美術館)
1976  井口通太郎展(銀座・ミヤマ画廊・植村鷹千代企画)
      日本現代美術展(パリ・アンドレウイルギャラリー)
1980  井口通太郎展(新宿・野村ビル管理KK・企画)
      「超高層ビルと現代美術の出会い展」
      第1回現代の水彩 さんすい展(銀座・セントラル アネックス)
1981  第40回水彩連盟展 文部大臣賞
1984  現代の水彩画(第1法規出版・作品掲載)
1993  静岡県芸術祭〉水彩の部審査員
2001  井口通太郎展(御前崎・清川泰次芸術館・企画)
2002  水彩連盟展 (第60回記念展賞)
      井口通太郎展 (浜松・由美画廊)
2004  平面作家4人展(赤津侃企画 新宿・ギャラリー渓)
2005  井口通太郎展(ちばぎんアートギャラリー)
2006  サンクスフォルムス(ギャラリーアートポイント 岡田企画)
      多彩なるモノトーン展(ギャラリー風 中野中企画)
      ねんりんピック2006・静岡 洋画部審査委員)
2010  春爛漫3人展(サイトウ良・田村晴海・井口通太郎)関口美術館企画展)
2012  3人展(サイトウ良・池田龍雄・井口通太郎)ギャラリーG2企画
      MONOMONO展(ギャラリ暁 井口通太郎企画)
2013  闘う個5人展(ギャラリーG2企画)
      (池田龍雄・桜井武人・船橋菊男・狩野炎立・井口通太郎)
2017  白黒展(銀座・ギャラリー風 井口通太郎企画)
2018  井口通太郎展 (長野県上田 夢の庭画廊)

■ 作品

f0172607_930463.jpg

[PR]

# by yumenoniwa | 2018-05-12 09:31 | 夢の庭画廊
2018年 04月 02日
清水 正教展
清水 正教展

■会期  2018年4月14日(土)~5月6日(日)

AM10:00~PM5:00(最終日15:00迄)

■場所  夢の庭画廊(長野県上田市前山264-3)
          ℡ 0268-38-3236
     水・木 休廊(ゴールデンウイーク開廊)
      e-mail:yumenoniwa@po3.ueda.ne.jp
URL:http//yumenoniwa.exblog.jp
上田駅より別所線塩田町下車徒歩30分
タクシー5分(参考・塩田観光タクシー・0268-38-3151)
塩田駅より循環バス・前山寺下車徒歩1分
  

■作品コンセプト

 絵画制作の主たるテーマは、人間という生きものへの問いかけであり、自分自身の存在への問いかけである。結局は人間否定に行き着くのであるが、ここまで人間という不可解な生きものを見つめ続け、五十年余り同じテーマを追いかけてきた。
 モチーフは人骨と曼荼羅である。
 曼荼羅図は、宗教世界の図式化であり、密教の象徴的な諸尊の集合図で、宇宙的心理図といえる。9世紀以後、梵字の形に引き付けられ、構成材料として使っている。
 人骨をモチーフにしたのは、大学の美術解剖学の講義で全身骨格を提示された時からである。骨は乾いて整理された根源の形であり、死を連想させるものでなく、むしろ、形態の洗練された美しさだけが、印象に残った。人体を支える、機能のための圧縮された究極の形であり、その美しさに魅せられてしまった。
 以来、絵画制作の主たるモチーフとして、画面に登場している。

■画歴

1940  長野県生まれ  上田市在住
      東京藝術大学卒業
      東京藝術大学大学院美術研究科修了
1983~2010 新芸術展(新人賞・金賞・都知事賞・文部大臣奨励賞)
1984  上野の森美術館・絵画大賞展(上野の森美術館)
1985  第7回中日展(名古屋市博物館)
1990  カナダ美術賞展(ケベック市)ドトンヌ賞買上
1990  P、アンビーユと俊英作家展(銀座アートホール)大賞
1993・94  ベルギー国際大賞展(L’A.IA,C,)金メダル
1995  第7回国際美術大賞展(東京都芸術劇場)評論家賞
2009~17  Ante展(Salon de G)
2010  あさご芸術の森大賞展(あさご芸術の森美術館)優秀賞
2010・11  美浜美術展(大阪府立現代美術センター)
2015  第10回個展(ギャラリー満喜田・高山市)
 
 日本美術家連盟会員 現在無所属
 URL, http://shimizukaiga.jimdo.com

f0172607_15345494.jpg

[PR]

# by yumenoniwa | 2018-04-02 15:35 | 夢の庭画廊
2017年 11月 18日
晩秋
f0172607_20210899.jpg
すっかり木の葉も落ちて、晩秋です。
最近、お父さん、散歩に連れていってくれないの。
お家に居るのに、つまんないなぁ。



[PR]

# by yumenoniwa | 2017-11-18 18:00 | 看板犬
2017年 10月 10日
湯沢 悦木展
■会期  2017年10月14日(土)~11月12日(日)

AM10:00~PM5:00(最終日15:00迄)

■場所  夢の庭画廊(長野県上田市前山264-3)
          ℡ 0268-38-3236
     水・木 休廊
      e-mail:yumenoniwa@po3.ueda.ne.jp
URL:http//yumenoniwa.exblog.jp
上田駅より別所線塩田町下車徒歩30分
タクシー5分(参考・塩田観光タクシー・0268-38-3151)
塩田駅より循環バス・前山寺下車徒歩1分
  

■作品コンセプト

 めぐるましく変化する現代社会において、人間の抱えている多くの困難に立ち向かう苦悩のなんと多いことだろう。
 自分とは、いったい何だろうと自問自答しながら考えることが多くなった。
 一人ひとりが孤立、分断せず、お互いに信頼しながら、生きる喜びを感じられる平和な世の中を願わずにいられない。
 画面の中に描かれた抽象表現は、女性の温かさ、優しさ、豊かさを表現しています。

■画歴

 1971 ルミナ画廊(銀座)3人展
 1975~79 神奈川女流展(奨励賞・会友推挙)
 1981~82 ハマ展(横浜)
 1981~92 シーガル展(横浜・7回)
 1986    タカノ画廊(個展)
 1987~   檪画廊(銀座)10回(個展)
 1988~   川崎平和展(アートギャラリー)15回
 1995~   YOKOHAMA TWELVE(万国橋ギャラリー)毎年
 1997・2000~08 WOOK‘S展(横浜)
 2000~01 アジア・アートナウ展(米国・ラスベガス)
 2002・04~17  Oギャラリー(銀座)(個展)
 2004    リーブ画廊
 2000・~16 JAALA(都立美術館&川崎)
 2002~12  コンパーニョ展(横浜)
 2003~06  NO WOR展(横浜)
 2004     リーブ画廊(個展)
 2005・07  Galerie Satellite(パリ)(個展)
 2004     〈麗子と鎌女の後輩たち〉展(鎌倉)
 2005・06  Salon Satellite(横浜)
 2008     シドニー交流展(オーストラリア・銀座)
          日仏交流美術展
 2009     5人展(鶴見)・イタリア展(Bomarzo)
 2010     日韓現代美術展(ソウル・ウルサン)
 2011     変貌する作家たち展(銀座)
          5人展(メキシコシティ)
          夢の庭画廊(個展)
 2014     日韓現代美術展(ソウル・ウルサン)
 2015     那覇市民ギャラリー(個展)
 2017     Oギャラリー (銀座・個展)
          夢の庭画廊(上田・個展)
[PR]

# by yumenoniwa | 2017-10-10 11:18 | 夢の庭画廊